National Academies Press: OpenBook
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR1
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR2
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR3
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR4
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR5
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR6
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR7
Page viii Cite
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR8
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR9
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR10
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR11
Suggested Citation:"Front Matter." National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. 2019. Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version. Washington, DC: The National Academies Press. doi: 10.17226/26472.
×
PageR12

Below is the uncorrected machine-read text of this chapter, intended to provide our own search engines and external engines with highly rich, chapter-representative searchable text of each book. Because it is UNCORRECTED material, please consider the following text as a useful but insufficient proxy for the authoritative book pages.

    インターステート 州際高速道路 に関する 国のコミットメントを刷新する 未来に向けての基盤  &RPPLWWHHIRUD6WXG\RIWKH)XWXUH ,QWHUVWDWH+LJKZD\6\VWHP $&RQVHQVXV6WXG\5HSRUWRI 7KH1DWLRQDO$FDGHPLHVRI  6FLHQFH・(QJLQHHULQJ・0HGLFLQH 7UDQVSRUWDWLRQ5HVHDUFK%RDUG  7KH1DWLRQDO$FDGHPLHV3UHVV :DVKLQJWRQ '&            

 「インターステート 州際高速道路 に関する国のコミットメントを刷新する 未来に向けての基盤」  7KLVLVDWUDQVODWLRQRI 5HQHZLQJ WKH 1DWLRQDO &RPPLWPHQW WR WKH ,QWHUVWDWH +LJKZD\ 6\VWHP $ )RXQGDWLRQ IRU WKH )XWXUH 1DWLRQDO $FDGHPLHVRI6FLHQFHV(QJLQHHULQJDQG0HGLFLQH7UDQVSRUWDWLRQ 5HVHDUFK%RDUG3ROLF\6WXGLHV75%&RPPLWWHHIRUD6WXG\RIWKH )XWXUH,QWHUVWDWH+LJKZD\6\VWHP  © 2019 National Academy of Sciences. First published in English by 1DWLRQDO$FDGHPLHV3UHVV$OOULJKWVUHVHUYHG   本書は、1DWLRQDO$FDGHP\RI6FLHQFHV の許可を受けて、公益財団法 人高速道路調査会が、高速道路の料金および課金のあり方に関する調 査研究委員会の調査研究活動の一環として、翻訳したものであり、翻 訳の間違い等についての責任は、発行者ではなく、翻訳者である当法 人にある。但し、日本語訳はあくまで読者の理解を助けるための参考 であり、当法人は翻訳の間違い等に起因する損害についての責任を負 わない。   謝辞 本書の翻訳は、主に特任研究主幹 西川了一が担当したが、翻訳に当たって は、新都市センター開発株式会社専務取締役の昆信明氏および株式会社イデ ア・インスティチュートの協力を得た。ここに心からの謝意を表したい。   i

 交通研究委員会特別報告書   加入者カテゴリー 高速道路 政策 計画と予測 資金調達、運営、および交通管理 橋およびその他の構造物 貨物交通 旅客交通 交通、一般  交通研究委員会 75% の出版物は、インターネット(ZZZ75%RUJまたは ZZZQDWLRQDODFDGHPLHVRUJWUE)を介して、または75%との組織的または個人の加入者に よる年間購読を通じて、75%ビジネスオフィスに直接、個別の出版物を注文することによ って利用可能である。 加入者と図書館加入者は大幅な割引の対象となる。 詳細については、以下に問い合わせされたい。 7UDQVSRUWDWLRQ5HVHDUFK%RDUG%XVLQHVV2IILFH)LIWK6WUHHW1::DVKLQJWRQ '& 電話  ファックス  または電子メール 75%VDOHV#QDVHGX 。  著作権 米国科学アカデミーによって、すべての権利が留保されている。  アメリカ合衆国で印刷  この出版物は、報告書審査委員会によって承認された手続きに基づき、米国科学アカデミ ー、米国工学アカデミー、および全米医学アカデミーのメンバーからなる著者以外のグル ープによってレビューされた。  この研究は、連邦交通省連邦道路庁の資金によっている。  国際標準書籍番号 国際標準書籍番号 デジタル オブジェクト識別子KWWSVGRLRUJ 議会図書館の管理番号    ii

 米国科学アカデミーは、年に、リンカーン大統領が署名によって成立した議会法に基 づき、民間の非政府機関として、科学技術に関する問題について国に助言することを目的 として設立された。メンバーは、研究における顕著な貢献に基づき会員によって選出され る。0DUFLD 0F1XWW博士が会長である。  米国工学アカデミーは、年に、米国科学アカデミーの会則に基づき、工学に関する実 践的知識を持ち寄ることにより、国に助言することを目的として設立された。メンバーは 特別な工学における顕著な貢献に基づき会員によって選出される。&'0RWH-U博士が会 長である。  米国医学アカデミー  旧医学研究所 は、年に、米国科学アカデミーの会則に基づき 医療と健康問題について、国に助言することを目的として設立された。メンバーは、医学 と健康への顕著な貢献に基づき会員によって選出される。9LFWRU-']DX博士が会長である。  つのアカデミーは 、複雑な問題を解決し、公共政策の決定に関する情報を提供するため に、独立した客観的な分析と助言の国への提供、およびその他の活動を行う目的で、米国 科学、工学、および医学アカデミーとして、共同して活動する。また、同アカデミーは教 育と研究を奨励し、知識への顕著な貢献を表彰し、科学、工学、医学に関する公共の理解 を増進する。 米国科学、工学、医学アカデミーの詳細は、Z ZZZQDWLRQDODFDGHPLHVRUJを参照のこと。  交通研究委員会は、米国科学、工学、医学アカデミーのつの主要なプログラムのつであ る。交通研究委員会の使命は、客観的、学際的、マルチモーダルな視点で実施される研究 及び情報交換を通じて、交通のイノベーションおよび進歩においてリーダーシップを発揮 することにより、交通が社会に貢献する利益を増進させることである。同委員会の広範な 活動には、年間約人の公共及び民間部門、並びに学会のエンジニア、科学者、並びに 交通に従事する研究者および実務家が参画しており、全員が公共の利益のため自らの専門 知識を提供している。同プログラム は、州交通省、米国交通省の各部局を含む連邦政府機 関、及びその他の交通の発展に関心を持つ組織や個人によって支えられている。 交通研究委員会の詳細については、 、ZZZ75%RUJを参照のこと。     iii

 米国科学、工学、医学アカデミーが発表したコンセンサス研究報告書は、専門家による設 立委員会による研究のタスク・ステートメントに関する、エビデンスに基づくコンセンサ スを文書化したものである。報告書は、典型的には、委員会と委員会の審議によって集め られ情報に基づく調査結果、結論、推奨事項を含んでいる。各報告書は、厳格かつ独立し たレビュープロセスを経ており、タスクのステートメントに関するナショナルアカデミー の立場を表す。  米国科学、工学、医学アカデミーによって発行された出版物は、同アカデミーによって主 催されたワークショップ、シンポジウム、その他のイベントにおける発表と議論を記録し たものである。出版物に含まれる表明および意見は参加者のものであり、その他の参加者 企画委員会、または同アカデミーによって承認されたものではない。  ナショナルアカデミーのその他の製品や活動については、 ZZZQDWLRQDODFDGHPLHVRUJDERXWZKDWZHGR を参照されたい。     iv

  未来のインターステートシステム調査研究委員会  1RUPDQ5$XJXVWLQH 1$61$(  委員長/RFNKHHG0DUWLQ&RUSRUDWLRQ 引退 %HWKHVGD 0DU\ODQG 9LFNL$$UUR\R*HRUJHWRZQ8QLYHUVLW\/DZ&HQWHU:DVKLQJWRQ'& 0RVKH(%HQ$NLYD0DVVDFKXVHWWV,QVWLWXWHRI7HFKQRORJ\&DPEULGJH0DVVDFKXVHWWV $QQ0'UDNH'6&/RJLVWLFV'HV3ODLQHV,OOLQRLV *HQHYLHYH*LXOLDQR8QLYHUVLW\RI6RXWKHUQ&DOLIRUQLD/RV$QJHOHV&DOLIRUQLD 6WHYH+HPLQJHU0HWURSROLWDQ7UDQVSRUWDWLRQ&RPPLVVLRQ6DQ)UDQFLVFR&DOLIRUQLD &KULV7+HQGULFNVRQ 1$( &DUQHJLH0HOORQ8QLYHUVLW\3LWWVEXUJK3HQQV\OYDQLD .HLWK/.LOORXJK$UL]RQD'HSDUWPHQWRI7UDQVSRUWDWLRQ3KRHQL[$UL]RQD $GULDQ./XQG,QVXUDQFH,QVWLWXWHIRU+LJKZD\6DIHW\ UHWLUHG $UOLQJWRQ9LUJLQLD -RDQ00F'RQDOG-006WUDWHJLF6ROXWLRQV0DKRSDF1HZ<RUN 1RUPDQ<0LQHWD0LQHWD $VVRFLDWHV//&(GJHZDWHU0DU\ODQG .LUN76WHXGOH(FRQROLWH/DQVLQJ0LFKLJDQ 0LFKDHO67RZQHV0LFKDHO67RZQHV//&/DV9HJDV1HYDGD &0LFKDHO:DOWRQ 1$( 7KH8QLYHUVLW\RI7H[DVDW$XVWLQ$XVWLQ7H[DV  7UDQVSRUWDWLRQ5HVHDUFK%RDUG 職員 0RQLFD$6WDUQHV6WXG\'LUHFWRU 7KRPDV50HQ]LHV-U3URJUDP'LUHFWRURI&RQVHQVXVDQG $GYLVRU\6WXGLHV 6WHYH*RGZLQ6FKRODU 0LFDK+LPPHO6HQLRU3URJUDP2IILFHU .DWKHULQH.RUWXP6HQLRU3URJUDP2IILFHU $QXVKD-D\DVLQJKH$VVRFLDWH3URJUDP2IILFHU  コンサルタント 6XVDQ-%LQGHU&DPEULGJH6\VWHPDWLFV -DJDQQDWK0DOOHOD:6386$,QF 5LFKDUG0DUJLRWWD&DPEULGJH6\VWHPDWLFV    v

 序文   年の米国陸上交通修繕法の第  節において、米国議会(下院)は、1DWLRQDO $FDGHPLHVRI6FLHQFH(QJLQHHULQJDQG0HGLFLQH(米国科学、工学、医学アカデミー)の交 通研究委員会 75% に対し、米国で最も安全な高速道路ネットワークであり続けながら、 人々、都市、町、企業、軍のニーズに応える重要な国家資産としての役割を果たすために州 際高速道路(インターステート)をアップグレードし、修復するために必要な行動について 調査研究を行うように要請した。この調査を実施するために、75% は未来のインターステ ートシステムに関する委員会を結成した。委員会のメンバーは、土木工学 道路の建設、維 持、運営、及び安全 、交通、公共交通、道路安全、システム工学、環境及び地域への影響の 軽減、モデリング、財源調達及び資金調達、サプライチェーンおよび物流、ならびに経済学 の分野での専門知識に基づいて選ばれた(委員会のメンバーの履歴に関する情報は付録 $ に 記載されている。 。 インターステートの供給者、運営者、利用者、ならびに、国内の専門家や民間部門の利害 関係者の視点を理解することは、本研究において不可欠だった。これらを理解するために、 委員会は、専門家の意見の聴取、インターステートシステムに関連する特定のトピックに関 する情報の収集、ならびに同システムの将来に対するニーズと願望に関する見解を得ること に焦点を当てて、全国で  回の公開公聴会を開催した。さらに全国公開公聴会が  回オンラ インで開催された。その分析と審議を行うために、委員会はまた、人口統計と人口、経済、 技術、気候変動、および予想される旅行需要という  つの重要なトピックを深く探求するた めに報告書の作成を委託した。さらに、&DPEULGJH6\VWHPDWLFV と :6386$,QFが率いるコ ンサルティングチームが、将来のシステムに対応する様々なシナリオの広範なコンピュータ モデリングを行った。 この報告書は、これらのすべてのソースからの貢献に加えて、委員会による重要な文献の レビューと委員会メンバーの集団的専門知識から得られた情報を反映している。このように して、委員会は、現在、および将来に予想される課題に対応するために必要な再投資の指針 となるように設計された行動の設計図という性格を持つ一連の勧告を策定し、それによって、 米国人の生活のほぼすべての側面に不可欠な同システムを更新し、修復することとした。  謝辞 委員会は、この研究の実施に貢献した多くの方々に感謝したい。 委員会における情報収集のための会議は、一般に公開され、委員会は公共機関の職員、各 トピックの専門家、およびインターステートの利用者から、多様な範囲のテーマについて説 明を受けた。委員会は、調査において取り組んだ問題に関する情報と意見を共有した  人 以上の方々に感謝したい。それらの中には、委員会に出席した連邦および州政府の以下の幹  vi

 部が含まれている。-DPHV %DVV ([HFXWLYH 'LUHFWRU 7H[DV 'HSDUWPHQW RI 7UDQVSRUWDWLRQ 5DQGDOO %ODQNHQKRUQ 6HFUHWDU\ ,OOLQRLV 'HSDUWPHQW RI 7UDQVSRUWDWLRQ &DUORV %UDFHUDV 'LUHFWRU 8WDK 'HSDUWPHQW  RI  7UDQVSRUWDWLRQ  DQG  3UHVLGHQW  RI   $PHULFDQ   $VVRFLDWLRQ RI 6WDWH +LJKZD\ DQG 7UDQVSRUWDWLRQ 2IILFLDOV $$6+72  %UXFH %XVOHU 'LUHFWRU -RLQW 3URFHVV $QDO\VLV &HQWHU DQG ([HFXWLYH 'LUHFWRU IRU 7UDQVSRUWDWLRQ 86 7UDQVSRUWDWLRQ&RPPDQG86'HSDUWPHQWRI'HIHQVH 'R' .ULVWLQ  )UHQFK3ULQFLSDO 'HSXW\ $VVLVWDQW 6HFUHWDU\ RI  'HIHQVH DQG $FWLQJ $VVLVWDQW 6HFUHWDU\ /RJLVWLFV DQG 0DWHULHO 5HDGLQHVV 'R' *UHJRU\ 1DGHDX )HGHUDO +LJKZD\ $GPLQLVWUDWLRQ )+:$  $GPLQLVWUDWRU  :LOOLDP3DQRV'LUHFWRUDQG&KLHI([HFXWLYH2IILFHU:\RPLQJ 'HSDUWPHQWRI7UDQVSRUWDWLRQ0LFKDHO7UHQWDFRVWH$VVRFLDWH$GPLQLVWUDWRUIRU5HVHDUFK 'HYHORSPHQW DQG 7HFKQRORJ\   :DOWHU %XWFK :DLGHOLFK )+:$ ([HFXWLYH 'LUHFWRU     および %XG:ULJKW([HFXWLYH'LUHFWRURI$$6+72 委員会はまた、)+:$ と委員会の主要な窓口を務め、委員会から米国交通省 米国 '27 内の部局へ要求の調整を行った 7KRPDV'(YHUHWW )+:$ エキュティブ・ディレクター に 感謝したいと考えている。さらに、米国自動車協会 $$$ は  年にアーカイブされた地 図を提供し、高速道路安全保険研究所 ,,+6 はインターステートの安全性に関するデータを 提供した。 その他の多くの方々も、 つの委託論文を通じて委員会と専門知識を共有した。 3HQQV\OYDQLD6WDWH8QLYHUVLW\ の *XDQJTLQJ&KL は、米国の人口の変化とその進化する空 間パターンが、国内各地のインターステートの需要にどのような影響を与えるかについての 論文を執筆した。0DUN6LHEHU および *OHQ:HLVEURG ('5 グループ は、経済の変化によ って将来の高速道路需要がどのように影響を受けるかについて、 番目の論文を共同執筆し た。8QLYHUVLW\RI6RXWK)ORULGD の 6WHYHQ(3RO]LQ は、州際旅行需要、影響要因、将来の予 測に関する論文を提供した。8QLYHUVLW\RI  &DOLIRUQLD  %HUNHOH\ の 6KODGRYHU は、コネクテ ッドカーおよび自動運転車技術の開発と展開がインターステートの輸送の供給と需要にど のような影響を与えるかについて取り上げた。そして最後に、8QLYHUVLW\ RI ,OOLQRLV の 'RQDOG-:XHEEOHV、8QLYHUVLW\RI1HZ+DPSVKLUH の -HQQLIHU0-DFREV は、気候変動と それがインターステートの状態とパフォーマンスに与える影響を調べた。 0RQLFD $ 6WDUQHV は、委員会の指導の下で、調査研究の統括と 75% の &RQVHQVXV DQG $GYLVRU\6WXGLHV の部長の 7KRPDV50HQ]LHV-Uの指揮を行った。彼らは、また 6WHYHQ5 *RGZLQ とともに、委員会の指導の下で報告書のドラフトの作成を行った。5RQD %ULHUH は 報告書ドラフトの校正を行い、 $OLVD 6 'HFDWXU は報告書の先行出版の準備をした。75% 職員の 0LFDK+LPPHO、$QXVKD-D\DVLQJKH および .DWKHULQH.RUWXP は、調査研究の実施に 当たって補助を行った。 さらに、スタッフと委員会は、インターステートの歴史的発展に関して委員会の研究に貢  vii

 献した米国科学、工学、医学アカデミーの &KULVWLQH 0LU]D\DQ 6FLHQFH DQG 7HFKQRORJ\ 3ROLF\*UDGXDWH3URJUDP の )HOORZ である 6WHSKDQLH6HNL に感謝したい。 委員会の任務はまた、6XVDQ%LQGHU、-DJ0DOOHOD および 5LFKDUG0DUJLRWWD が率いるコン サルティングチームによって支援され、彼らは委員会の指導の下でケーススタディとモデリ ングを行い、情報を収集した。コンサルティングチームの追加メンバーの $ODQ3LVDUVNL と *DU\0DULQJ は、委員会への情報提供において貢献した。 スタッフと委員会は、付録 - の国際的な財源調達と資金調達の資料の提供とレビューを行 った 7RP%RDVW-RVH0DQXHO9DVVDOOR0DJUR および 5HP\&RKHQ、ならびに走行距離ベー スの利用者課金に関する資料の提供とレビューの支援を行った $GULDQ0RRUH に感謝する。 委員会は、また 5LFKDUG$UQROG、2PDU6PDGL および 0DUWLQ:DFKV が行ったモデリング・ アプローチの中間レビューに感謝している。 このレポートは、多様な視点と技術的専門知識に基づいて選ばれた方々によってドラフト がレビューされた。この第三者によるレビューの目的は、ナショナルアカデミーが公表する 報告書を可能な限り健全にし、品質、客観性、エビデンス、および調査の義務に対する応答 性において、制度的基準を満たしていることを保証するのに役立つ率直で批判的なコメント を提供することである。審査コメントとドラフトは、審議プロセスの完全性を保護するため に秘密のままである。 委員会は、この報告書のレビューを行った次の方々に感謝する7RP$GOHU56*5LFKDUG $UQROG 2UHJRQ 'HSDUWPHQW RI 7UDQVSRUWDWLRQ -RKQ : )LVKHU  1$(   /HKLJK  8QLYHUVLW\  (PHULWXV  (PLO + )UDQNHO (QR &HQWHU IRU 7UDQVSRUWDWLRQ -DPHV / .LUWOH\ 1$(  0DVVDFKXVHWWV ,QVWLWXWH RI 7HFKQRORJ\ 6XVDQ 0DUWLQRYLFK  &+0  +LOO &DUO / 0RQLVPLWK 1$( 8QLYHUVLW\RI&DOLIRUQLD%HUNHOH\ (PHULWXV $ULHO3DNHV 1$6 +DUYDUG University; Ananth Prasad, Florida Transpor­ tation Builders Association; Joseph L. Schofer, 1RUWKZHVWHUQ 8QLYHUVLW\ .XPDUHV & 6LQKD 1$(  3XUGXH 8QLYHUVLW\ お よ び  0DUWLQ :DFKV8QLYHUVLW\RI&DOLIRUQLD/RV$QJHOHV。上記のレビュー担当者は多くの建設的なコメ ントを提供したが、委員会の結論と勧告を支持するよう求められず、公表前に報告書の最終 版を見てもいない。報告書のレビューは、1DWLRQDO$FDGHP\RI6FLHQFHV のメンバーである 1RUWKZHVWHUQ8QLYHUVLW\ の &KDUOHVI0DQVNL と &ODUN8QLYHUVLW\ の 6XVDQ+DQVRQ によっ て監督された。彼らは、報告書の独立したレビューが制度的手続きに従って行われ、すべて のレビューコメントが委員会によって十分に考慮されていることを確認する責任があった。 報告書の内容に関する最終的な責任は、著者である委員会と組織のみにある。75% の 6HQLRU 5HSRUW5HYLHZ2IILFHU の .DUHQ)HEH\ は、報告書のレビュープロセスを管理した。  viii

 目次 頭字語および略語……………………………………………………………………………………  サマリー のしかかってくる課題 不可欠な投資 勧告 結語 第  章 導入 調査の義務 調査手法 報告書の構成 参考文献 第  章 ビジョンが根づき、実を結ぶ ビジョンが根づく インターステートの出現と進化 旅客と貨物輸送への恩恵 経済的及び社会的影響の拡大 国防上の役割 安全上の利益 サマリー 参考文献 第  章 新たな課題 システムの基盤の再建設 都市部のシステムの容量の拡大と管理 システムの延長とレイアウトの変更への要求 車両の増加と変化に対応しながら安全性を確保 強靭性を高める サマリー 参考文献 第4章 直面する不確実な未来 人口及び経済活動の中心の変化 将来の交通需要とインターステート 将来のインターステートにおけるつながる・自動運転車両の影響 気候変動とインターステート  ix

 サマリー 参考文献 第  章 投資必要額:今後20年間 投資必要額を推計する一般的な方法 最近のインターステートの資本的支出額及び投資の未処理残高 将来の投資必要額の推計に用いられたモデリング・ツール及び想定条件 今後  年間の舗装及び橋梁の更新に関する投資必要額の推計 強靭性及び規模適正化に関する補完的投資 サマリー 参考文献 第  章 投資のための財源調達のオプション 背景 全米委員会の勧告事項 評価基準 利用者料金に基づくオプション その他の財源調達オプション サマリー 参考文献 第  章 行動のための設計図 のしかかってくる課題 不可欠の投資 勧告 結語  x

Next: 頭字語 および 略語 »
Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future: Japanese Version Get This Book
×
MyNAP members save 10% online.
Login or Register to save!
Download Free PDF

TRB Special Report 329: Renewing the National Commitment to the Interstate Highway System: A Foundation for the Future explores pending and future federal investment and policy decisions concerning the federal Interstate Highway System. Congress asked the committee to make recommendations on the “features, standards, capacity needs, application of technologies, and intergovernmental roles to upgrade the Interstate System” and to advise on any changes in law and resources required to further the recommended actions. The report of the study committee suggests a path forward to meet the growing and shifting demands of the 21st century.

The prospect of an aging and worn Interstate System that operates unreliably is concerning in the face of a vehicle fleet that continues to transform as the 21st century progresses and the vulnerabilities due to climate change place new demands on the country’s transportation infrastructure. Recent combined state and federal capital spending on the Interstates has been about $20–$25 billion per year. The estimates in this study suggest this level of spending is too low and that $45–$70 billion annually over the next 20 years will be needed to undertake the long-deferred rebuilding of pavements and bridges and to accommodate and manage growing user demand. This estimated investment is incomplete because it omits the spending that will be required to meet other challenges such as boosting the system’s resilience and expanding its geographic coverage.

The committee recommends that Congress legislate an Interstate Highway System Renewal and Modernization Program (RAMP). This program should focus on reconstructing deteriorated pavements, including their foundations, and bridge infrastructure; adding physical capacity and operations and demand management capabilities where needed; and increasing the system’s resilience. The report explores ways to pay for this program, including lifting the ban on tolling of existing general-purpose Interstate highways and increasing the federal fuel tax to a level commensurate with the federal share of the required RAMP investment.

View the videos, recorded webcast, graphics, summary booklet, press release, and highlights page at interstate.trb.org.

  1. ×

    Welcome to OpenBook!

    You're looking at OpenBook, NAP.edu's online reading room since 1999. Based on feedback from you, our users, we've made some improvements that make it easier than ever to read thousands of publications on our website.

    Do you want to take a quick tour of the OpenBook's features?

    No Thanks Take a Tour »
  2. ×

    Show this book's table of contents, where you can jump to any chapter by name.

    « Back Next »
  3. ×

    ...or use these buttons to go back to the previous chapter or skip to the next one.

    « Back Next »
  4. ×

    Jump up to the previous page or down to the next one. Also, you can type in a page number and press Enter to go directly to that page in the book.

    « Back Next »
  5. ×

    To search the entire text of this book, type in your search term here and press Enter.

    « Back Next »
  6. ×

    Share a link to this book page on your preferred social network or via email.

    « Back Next »
  7. ×

    View our suggested citation for this chapter.

    « Back Next »
  8. ×

    Ready to take your reading offline? Click here to buy this book in print or download it as a free PDF, if available.

    « Back Next »
Stay Connected!